相続・遺産分割の問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

遺産分割について

Q&A 5 遺言と異なる遺産分割

質問

父が、遺言書を残してなくなりましたが、相続人全員で、その遺言の内容と異なる遺産分割協議をすることができますか。

回答

相続人全員の同意(合意)により、遺言の内容と異なる遺産分割協議、遺産分割調停が許されると解されています。但し、受遺者がいる場合は、その受遺者の同意も必要となります。

遺言と異なる遺産分割が認められるとしても、遺言執行者がいる場合は、その者を含める必要があるか、含めないとしても、その報酬は発生するか、などの問題が生じます。

また、遺言の内容にもかかわるのですが、遺言によって一旦なされた相続が、その後、贈与や交換によって、権利が移転したとみなされると、それらに対する課税が問題となります。

それぞれ、専門家の判断を仰ぐ必要があります。


相続・遺産分割に関する法律問題のご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭