相続・遺産分割の問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

遺産分割について

Q&A 4 遺産分割協議の仕方

質問

遺産分割協議の進め方について教えてください。

回答

共同相続人は、他の共同相続人に対して、いつでも遺産分割を請求し、その協議を求めることができます。協議が成立しないときは、家庭裁判所に調停または審判の申立をすることができます。実際には、当事者の自主的解決を期待して審判の前に調停に付されています。

遺産分割調停では、調停委員が間に入り、遺産分割ができるよう取持ってくれます。調停が不成立となった場合は、当然に審判に移行します。

審判となったときは、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して家庭裁判所の裁判官がその裁量により分割します。

ただし、相続人が誰かが明らかでなかったり、相続財産の範囲について争いがあるときは、最終的には別に訴訟で決着をつける必要があります。


相続・遺産分割に関する法律問題のご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭