相続・遺産分割の問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

相続について

Q&A 7 相続の問題に関して弁護士に依頼するメリットは?

質問

父が不動産を残して亡くなりました。 長兄が実家を継ぐことになると思いますが、 相続は始めての経験なので不安です。 弁護士に相談する必要がありますか。

回答

相続においては、相続人は誰かの問題と、遺産は何かの問題が重要です。

遺言がない場合は、相続人の全員で、遺産の分割協議ができれば、あとは分割協議の内容のとおりに不動産については相続登記をし、預貯金の場合には名義変更をするなどして相続の手続きは終了です。遺言があり、相続人も異存がない場合は、その遺言の内容のとおり執行して手続きは終了です。相続税が発生する場合には、申告のうえ納税しなければなりません(上記のQ4相続税をご覧下さい。)。これらの場合には、弁護士の関与する機会としては、各種書類をチェックすることなどが考えられます。

ただし、認知請求する者がいて相続人に変更がありそうだ…。遺産として、もっと預貯金があったはずだが…。被相続人は認知症だったので、遺言書は無効なのでは…。遺言書が有効だとしても遺留分を請求したい…。などなどの疑問や要求がある場合には、弁護士に相談してみる意味があります。

弁護士は、相続人の確定のための戸籍謄本等の収集、被相続人の預貯金、不動産、生命保険などの遺産に関する各種資料の収集ができます。そのうえで、法律的にはここまで主張できそうだ、との判断ができます。

また、他の共同相続人と直接の話し合いを避けたいという場合には、弁護士が代理人となって交渉することもできます。弁護士法により、業務として代理人として相手と交渉できるのは弁護士だけです。

事情があって分割協議が整わないときは、調停や審判などの手続きが必要になります。場合によっては、訴訟の提起が必要となることがあります。遺産の範囲の確定や相続権の有無などの難しい訴訟の場合には、弁護士の専門知識が必要となるでしょう。

法定相続分と違った分割内容でも、相続人の全員が合意する遺産分割協議は有効です。被相続人の生前の考えや、共同相続人同士のこれからの関係など考えたうえでの結論であり、あなたの人生を豊かにしてくれる、そのような相続であれば、それはいい判断だと言う事ができるでしょう。

どのような結論であっても、納得のうえで、相続を終わらせたいものです。そのためには、いずれの段階、状況にあっても、それに応じて弁護士を利用することができます。


相続・遺産分割に関する法律問題のご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭