相続・遺産分割の問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

相続について

Q&A 5 相続放棄とは?

質問

相続を放棄した、と聞くことがありますが、どのようなことでしょうか。

回答

1 相続放棄の意味

相続放棄とは、民法上は、相続人が相続開始後に相続の効果を拒否する意思表示を言い、自己のために相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所にその旨を申述しなければなりません。

家庭裁判所に対する申述がなく、家業を継ぐ長兄に遺産をほとんどまたは全部相続させ、その他の相続人が遺産を取得しない、またはいわゆる判子代を取得することをもって承諾する場合も、相続を放棄したと、一般には言われることがありますが、それは遺産分割協議の一つであることが多く、民法上の相続放棄ではありません。

相続放棄は、相続開始前にはできません。当事者間でのその旨の合意も無効です。遺留分の事前放棄が、裁判所の関与のもとできることがあることとは、異なります。

実際上、相続放棄は、被相続人が資産もなく多額の借金を残して亡くなったなど、相続財産が債務超過である場合に広く行なわれます。

2 相続放棄の効果

相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

共同相続の場合は、他の相続人の相続分が増加します。

注意が必要なのは、被相続人の子が全員、相続放棄したときは、次順位の被相続人の親や兄弟が相続人となることがある点です。債務超過が相続放棄の理由である場合は、この点に留意する必要があります。

相続放棄をした者については、代襲相続は認められません。

3 相続放棄の撤回・取消

いったんなされた相続放棄を撤回することはできません。

ただし、詐欺や強迫などを理由に取消が認められることはあります。


相続・遺産分割に関する法律問題のご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭