相続・遺産分割の問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

相続について

Q&A 4 相続税

質問

相続税の概要について教えてください。 どのくらいの遺産があると相続税を払わなければなりませんか。

回答

1 課税される相続財産

相続税とは、相続または遺贈により、相続人または受遺者に移転した財産に課税される税金です。相続税が課税される財産には、金銭、不動産などの本来の相続財産のほか政策上、課税対象とされる生命保険金等のみなし相続財産があります。

2 課税価格

相続税の課税価格は、遺産分割等によってそれぞれの相続人が取得した財産の価額をもとに計算されます。遺産分割未了の場合は、民法の法定相続分にしたがって各人が遺産を取得したものとして計算します。

3 相続税の計算

  1. 各人の相続財産の合計額から債務・葬式費用を控除して合計し正味の相続財産を出します。
  2. 正味の相続財産から基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を控除して課税価格の総額を求めます。これがマイナスであれば相続税は発生しません。
  3. 課税価格の総額を各人が法定相続分で相続したものとして各人の法定取得財産を出し、それに税率を乗じます。さらにその各人の仮の相続税額を合計して相続税額の総額を求めます。
  4. 相続税額の総額を、各人が実際に相続した課税価格の割合に応じて按分し、各相続人の相続税額を求めます。
  5. 各人の相続税額から配偶者に対する税額軽減などの控除を控除して、各相続人の納付金額を求めます。

4 相続税の申告手続

正味の相続財産から基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を控除して、納付すべき税額があるときは、これを申告し納付する義務があります。

相続の開始があったことを知ったときから10か月以内に、所轄の税務署に相続税の申告書を提出します。納税期限までの金銭納付が原則ですが、延納や物納の制度もあります。


相続・遺産分割に関する法律問題のご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭