相続・遺産分割の問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

相続について

Q&A 1 相続とは?

質問

相続について、その概略を教えてください。

回答

1 相続の意味

「相続」とは、人の財産法上の地位(権利義務)を、その死後に、法律及び死亡者の意思の効果として、特定の者に承継させること、を言います。民法882条以下に規定があります。

相続に似た言葉に「遺産相続」があり、一般的には財産の相続の意味で用いられているようですが、法律上の用語ではありません。もっとも、戦前、家督相続に対する相続に「遺産相続」がありましたので、その名残かも知れません。

上記の死亡者を「被相続人」、これを承継する者を「相続人」と言います。誰が相続人となるかは法で決まっています。相続人の相続分は、同順位であれば、原則として均等です。

2 相続の効果

相続人は、原則として、被相続人の一切の財産上の権利義務を、包括的に承継します。

土地建物などの財産(これを積極財産と言います。)だけでなく、借金などの返済義務(これを消極財産と言います。)をも相続します。

3 相続の開始

相続の開始時期は、被相続人の死亡の時点です。

世間では、遺産の土地建物をだれが取得するか決まらず、登記が被相続人のままのとき、「まだ相続が終わっていない。」という言い方をすることがありますが、これは、共同相続の場合、遺産分割が未了である状態であって、法律的には、被相続人の死亡と同時に、相続は開始し、相続人が権利義務を(共同で)承継しているのです。

4 相続の現代的課題

相続人が法定されていることから、それ以外の被相続人と生前に密接な共同生活を営んでいた者の保障をどのように認めるか、が問題となります。

また、法定相続分が平等であるため、例えば農業経営や家業をどのように維持するかも問われることとなります。

いずれの場合も、遺言が関係してきます。


相続・遺産分割に関する法律問題のご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭